03


文房具が好きで、種類豊富なアメリカのこの時期にお店で色々と見るのが好きです。
中でもスケジュール帳/手帳が大好きな私はさっそく2020年用の手帳を購入してきました!


アメリカは多くの学校で8 or 9月から新学年が始まり、その前は2~3ヶ月程の夏休みがあります。子供の頃はこのアメリカの長い夏休みが心の底から羨ましかった(笑)

新学年前のこの時期(8月)は沢山のお店が "Back to School Fair" を開催しており、様々な商品が店頭に並びます。手帳、ファイル、ノート、筆箱、筆記用具、鞄等々。
ちょうど夏のセール時期でもあるため、文房具だけでなく靴や服なんかもセールになっていたりと学生・生徒以外にも嬉しい時期です。

夫はサングラスをレンズ50%オフで購入しました。

この時期私にとって大切なのは「手帳をゲットする」こと!おそらくこの時期が一番種類豊富ではないでしょうか。年始に探しに行ったのですが、どこも品揃えが悪く10点程しかありませんでした。しかしこの時期は倍以上の品揃えで種類が豊富な上、フェア開催中だったので割引価格になっていました。


ちなみに手帳/スケジュール帳は英語で
"SCHEDULE" "PLANNER" "DIARY" "APPOINTMENT BOOK"
等と言いますが、イングランド人の親戚・友人は"DIARY"を、夫を含む周囲のアメリカ人は"PLANNER"または"SCHEDULE"を使う傾向にあります。


話を戻しまして、2020年用にこちらの手帳を購入しました。


DESIGNWORKS
制作。黒・濃紺・白・金というシックな色合いで、商品名の通りシンプルな1点。お値段は$10.84ですがそこから割引になりました。
手帳2
実物はこんな感じ。


手帳に対しては拘りを持っており、なるべく下記を満たす物を購入するようにしています。

・軽い・薄い
・日曜始まり
・見開き月間ページがある
・インデックスタブ付属
・栞(紐でも可)付属
背表紙部分がリングではない
・お役立ちページがある(例:路線図、単位換算、祝日一覧)


今回の手帳は、月間見開きページがあり、しかも祝日がイギリス(それとカナダ)のものも掲載されているので個人的に助かります。日曜始まりなのもナイス!
月間ページ2


薄くて軽い。背表紙はリングではない。しかし残念ながら栞とインデックスタブは付属していませんでした。そこは妥協。
背表紙がリングタイプの物は書くときに邪魔になるので必ず避けています。
こういうタイプ。
リング式



お役立ちページは単位換算の他、アメリカの祝日一覧、世界の主要都市の時間、星座一覧、2019-2022年までのミニカレンダー、バケットリスト、アドレス帳等があります。

・単位換算等
お役立ちページ2


・世界主要都市の時間と星座一覧
お役立ちページ


・ミニカレンダー
ミニカレンダー3


・BILL TRACKER.  The アメリカという感じですね。
BILL TRACKER2



シンプルかつシックで割と気に入っていますが、やはり日本の方が手帳の種類も多く、紙質も良いです。文房具も日本製品の品質には敵わないと思います。それでも良い手帳がアメリカで見付かって良かったです!
(...次の一時帰国で文房具爆買いしてこようっと)


夏も終盤ですが素敵な夏をお過ごしください。それではまた。


お役に立ちましたらどれか1つクリックで応援お願いします :)
 にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村